CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
00
MOBILE
qrcode
<< 料理教室森田 料理綺譚 に ついて | main | 料理教室森田の生徒さんへ お知らせです。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
料理教室森田 再開に至り

料理教室森田は、主宰する森田久美の3年間の育休を経て、

この4月より新たな扉を開きます。

 

新たな始まりに際し、料理教室森田がどのような場であるのか、

あらためてお伝えしておきたいと思います。

料理教室森田では菜食の料理を行います。
菜食の材料となる野菜は季節、天候、土壌など、

この星と宇宙の大小のエネルギー循環の中で成長し、

各々の性質に沿ったエネルギーの流れを形状としながら形成されたイノチです。
野菜を料理して頂くということは、そのイノチを損なうことなく、

最大限の可能性を引き出すように、はたらきかけること。

そして、その為には、それぞれのエネルギーの流れを感じ、

理解しながら、それに添ったありようで、

切る、加熱するなどの行為をすることが相応しいと考え、

探求し、実践して、お伝えしてきました。
結果的には、外から付け足した美味しさではなく、

内から湧き出してくる本来の美味しさとして

野菜のイノチを頂くことが出来る料理が出来上がりますが、

そのことは最終的な目的ではありません。

この行為の過程において、目の前の野菜に向き合い、

その今のありようと成り立ちを直感として感じつつ、

そこから導かれる深い理解に沿って料理するという道行きは、

この星の摂理と叡智に触れ、体験して、行為する具体的な道を、

それぞれが自分の裡に見つけ、道として切り開いてゆく過程でもあります。

 

新しい料理教室森田のシンボルとして、

くしまけんじさんが描いてくださった白いうさぎの絵は、

そんな料理教室森田のありようを端的に象徴しています。

「死から蘇り次元を行き来する」といわれ、

「魂を運ぶ」動物とされている白いうさぎは、アリスを不思議な世界へ案内したように、

教室に参加された皆さんを道案内するでしょう。

ただし、意志を持って歩くのは皆さん自身です。
そして、各々が裡に見つけた道は料理だけでなく、

日々の様々なことの中にも通じていることにまもなく出逢うことでしょう。
月の時代から太陽の時代へ、新たな時代を歩む生き方へと。

 

 

『この星のイノチはみな、もともとはひとつのところから生まれ、

私も、あなたも、花や草木、小さな生き物 全てイノチは同じひとつのイノチだという事実。』

 

 

 

 

料理教室森田

 

 

 

 

 

| - | 01:32 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:32 | - | - | pookmark |