CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
00
MOBILE
qrcode
<< たゆむ 時間 | main | 切っ掛け >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
言語造形による語り聴かせ 
 

この春上門前の家で沢山の企画があります。

最初の

森鴎外作 高瀬舟 言語造形による語り聴かせ 
言語造形 諏訪耕志 音楽演奏 森田徹 

無事に終了いたしました。
お越しいただいたみなさまありがとうございました。






はじまりは… 入り口は…
『驚き』から入りたいと常に私は思っているよう
その驚きとは、些細なものでも、心臓が口から飛び出そうでも、
なんでもいいよう
言葉になる前の、思考の粒 を 感じたく


上門前の家で行なわれた
言語造形による語り聴かせ 


公演はとても静かにはじまり、森田徹のヴァイオリンの響きが
情景を目の奥に映し出していく

語りがはじまると、
諏訪先生の言葉を受け取る感覚に
人間の瞬時に順応する機能にやや驚きながら、
身を任せることにした

私の瞳はじっと森田と諏訪先生を見つめ、
目を瞑っても、また目を開けたくなる。
耳だけで聴いてみたいのだけど、またまぶたは開く
どうも私の瞳はふたりを
映しておきたいみたいだった

諏訪先生の言葉は 鼓膜を感じさせない音で
私の中へ入っていく…これがとても妙な心地…よくも悪くも、
気がつけば、物語の登場人物の2人に、私の脳みそは完全に乗っ取られている
さらに森田のヴァイオリンは、
物語をリアルにより鮮明に輪郭を映し出し
乗っ取られた私の脳みそと背骨にヴァイオリンのビブラートが響く…

堪忍してくれよ…と心の隅で、
思ったような気がする 



この公演までに 森田と諏訪先生は1年間練習をしてきた。
森田が森鴎外の高瀬舟に興味を持ち始め、
諏訪先生とのやり取りが進むにつれて、言語造形で立ち上げてく
高瀬舟に魅せられている様子はとても興味深かった。
端からみていて私が感じたことは、
諏訪先生との対話の中、諏訪先生が救い上げて表現する高瀬舟を
森田はまた、汲取、すくあげ、手のひらを広げてはこぼれるものは、
こぼしておき、手のひらにのこったものを音符に
して楽譜に残していっているようだった。
また こぼれていったものが消え去ったのかというと、
そうでなく、堆積していく落ち葉のように
積み重なっていくようだった。




諏訪先生が語る 高瀬舟 
それに然う森田のヴァイオリン 
終わりを迎え
表現者は静かに私たちの前から消え、
やっと、私は瞳を閉じた。
妙な肉体の重さを感じ身動き出来ず、しかし、
思考はわき水のように止めどなく 


余韻は波紋のように、
開場全体にひろがり誰一人すぐに動くことは
できなかった…








諏訪先生 森田徹に
心から感謝 拍手。
一年間本当にご苦労様でした。
そして、上門前の家はどんなことでも、いつでも…
深く私たち人の営みを救いとってくれているように思った。
空間の力というか、家の力というか、
我が家ながら、この家はとにかくやさしい。ありがとう。







こうして2人が出逢い、表現してくれたことで、
『私は人である』という 手応えを体験したように思う


この体験をもうすこし味わって過ごすことに




ああ
表現者って素晴らしい…









余談
ふと 高瀬舟という話は、なんだか少しモダンに感じた
森鴎外の視点は今の人間の意識にフィットしているような気がする
当時の人たちの意識だと、分からなかった人も
たくさんいただろうに…と

これを機会に
森鴎外 高瀬舟を 是非声を出して読んでみて下さい。





・言語造形による語り聴かせ の感想を
スタッフののりちゃんも書いていますので、一読下さい。


・和歌山で諏訪先生の言語造形演劇クラスに参加しています
後藤さんも 今回の言語造形による語り聴かせ の感想を
日記に書いています。是非こちらも一読下さい。


・音楽 演奏者森田徹も今回の言語造形による語り聴かせ の感想を
日記に書いています。是非こちらも一読下さい。



言語造形による語り聴かせ 
参加した方の感想 なかなか 面白いのです。








そして引き続き、
21日は諏訪先生の言語造形のワークショップが
行なわれました。

私はワークショップの後 諏訪先生との
親睦会の料理をお出しすることになっていたので…
自宅で料理をスタッフと朝からもりもり作っていたため
ワークショップの様子は分かりませんが、
料理を開場に運ぶスタッフのふたりが、
『みなさん楽しそうですよ〜』『なんだか面白そう』
『いい雰囲気』とチラチラ…様子を見てレポートしれくれていましたので、
みなさんが楽しく過ごされていこと、
安心して料理が出来ました。


・ハッピー豆ちゃんのおむすび
・フライカリフラワーの八丁味噌和え
・ジャガイモのピリ辛煮
・ひじきと白ネギの春巻き
・がんもどき
・カボチャとドライトマトのココナッツ炒め 
・ひよこ豆とはっさくのマリネ
・厚揚げ餅きびソースのっけ
・グリーンサラダ すりごまドレッシング
・差し入れいちごと炭酸水で、
いちご酵素シロップ (岩韻気鵝‘E弔気鵑△蠅とう)

といったラインナップ


こうして この2日間 私が出来ること…で
関われることが出来て
とてもうれしいです。



































| - | 09:44 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:44 | - | - | pookmark |